By   2016年1月20日

森の活動

○専攻:東京学芸大学大学院理科教育

○主要論文 ・「物理における非識別性多肢選択問題の誤答分析の方法」日本教育工学会、

・「陽電子の見える霧箱」日本物理教育学会など

○受賞歴 「数式を使わない交流の指導」、 「陽電子の見える霧箱」 「教室に無重量状態を」などで

東レ理科教育賞、日本物理教育学会大塚賞、教員発明展科学技術長官賞など受賞。

○日本物理教育学会理事、物理教育学会賞選考委員、編集委員など歴任

○ 主に都立高校で教壇に立ち、学習院女子中高等科を最後に教壇をおりる。

以降WEBサイト「サイエンスの森」の活動に専念する。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です