By   2020年5月12日

中・高校生が「重さ」と「質量」
       混乱をのりきるための対策は?


 現在の中・高校生を中心に、理科(物理)を学習中の人(就活中で、クレーンなどの資格を取得するために勉強中の人)も含めて「kgの意味がわからない。」、「重さ、質量、重量、荷重の区別が分からない。」ことで混乱している人が多数いることがわかってきました。

 ■その原因は、一方の生活では「kg:質量=重さ=重量」とする混用政策が推進され、他方の理科教育では「kg:質量」、「重さ、重量:Nニュートン」と分離を指示するという、経産省のダブルスタンダードな政策が原因です。そうした混乱にいつまでもまきこまれていたいと思う人は誰もいません。誰しも、不安になる混乱はできるだけ早く、解決したいと、思うものです。今回は、その具体的な対策について考えてみます。

(1)最善の対策

■最善の対策の中身は単純です。「質量」と「重さ、重量など」の科学用語の混用政策を即刻やめる事です。「生活」と「理科教育」の世界に矛盾と混乱を持ち込まないことです。 現在、政府は公言を差し控えていますが、国民が生活で使える「重さ、重量:kg重」の単位を廃止してしまったので、いま国民が生活で商品売買に使える「重さ」の単位は、何もありません。使えるのは、「質量」だけです。だから、代わりに「質量」を「重さ」と呼ばせる(擬装させる)混用政策が必要になったのです。

■今まで使っていた「重さや力」の単位「1kg重」(または、1kgw)の意味をここでおおまかにおさらいしましょう。ーーーー水1リットル程度の物質を質量1kgとしています。(その後、1kgがだれでも誤差をすくなく再現できるように再定義が繰り返されています。)その1kgと決めた実物の重さが1kg重です。

■戦前は、その「重さ:kg重」の単位のユーザーは工学系や一般国民で、「質量:kg」は、理学系の人でした。戦後の急激な科学技術の進歩とともに工学部の大部分人が「重さ:kg重」から「質量:kg」の単位に鞍替えをしていきました。こうしてkg重のユーザーは1億の国民全員と、土木・建築工学、環境工学の研究者だけになりました。そして、国民を無視し、kg重の単位廃止に踏み切ったのが、1992年の計量法改正(改悪)です。

■国民には、そもそも「質量」概念を理解させるのは無理だから、「質量」を「重さ、重量、荷重ーー」の何でもよいことにして、区別不要とせよ、という愚民政策が経産省によって打ち出されました。小・中学校まで、生徒は生活の中で愚民政策の影響に浸り、質量=重さ=重量=荷重ーー」と混用し、あたかも重さの単位がまだあるかのように誤解させます。しかし、中学校の力学の授業から突然「kgは質量の単位」、「重さ、重量、荷重ーーなどの単位はNニュートン」と別々の概念と区別せよと知らされ、混用は混乱だったことがここで発覚します。
 従って、混乱を解決するためには、今まで使っていた「kg重」という重さの単位を廃止するのではなく、毎日の商品売買で引き続き使えるようにすることが不可欠です。

■商品売買の単位は、現在では理学・工学などの専門家は質量kgを支持し、学際的分野の研究者や全国民・消費者は重さkg重という2大勢力に分離しています。。従って、商品売買は、「質量:kg」と「重さ:kg重」の2つの単位のどちらを使っても良いことにして、国民は好きな方を、あるいは理解できる方を使えばよいのです。

■この2つを実行すれば、「kg」の意味は「質量」として科学用語どおり正しい意味で使われ、力の単位も正しく「kg重」や「ニュートン」と正しい用法になります。「科学用語」を生活の場で擬装し混用させ生徒を混乱させる必要がなくなります。


■物理学に無関係な市民は商品売買のさい「重さ:kg重」を用い、工場や研究所で物理学に従って単位を統一的に使用したい研究者・企業人は「質量:kg」を用います。はかりの目盛りは「kg重」と「kg」の2重表示が可能です。「kg」と「kg重」とはその単位の意味は全く違いますが、その絶対値は同じなので、はかりにKg重のラベルを貼り、2重目盛りにすることができます。

■このように「質量」と「重さ・重量」を明確に区別し、「重さ:kg重」と「質量:kg」をどちらでも使用可能とするのが、混乱を回避する理にかなった混用政策というものです。

(2)次善の対策

■いま何が何でも「質量:kg」だけの一貫した単位系にしたい。これこそが日本経済のためだという、信念を持ってしまった計量物理学者と官僚と業界が中心になって、計量法を改正(改悪)させてしまいました(1992年)。これに対して、ラベルを貼ってすむ部分修正の解決方法をどうしても拒否する場合、この混乱をどうかわすか、物理や理科の学習者にとって大問題です。この次善の対策を考えてみましょう。

■端的にいえば、経産省推奨の「生活の用語」は、物理の力学の世界の「科学の用語」とは無縁で論理的整合性はないとあきらめることです。

経産省推奨の「生活用語」では、「重さ=質量=重量=荷重=―――:kg」です。(混用政策)


「科学用語」では、「重さ・重量」は「力:N」です。「質量」は「物質の分量:kg」です。

■ 再度言いますが、この2つの世界は両立しません。別々の世界とわりきるべきでしょう。従って、もっともストレスがかからない方法は、やむを得ず、教室の中において(試験直前だけでも)「生活用語」を無視して「科学用語」を丸暗記することです。

■「kg:質量(物体の分量の意味)」は、科学の世界の中心的とも言える概念ですが、それを知らなくても物理系の専門職でなければ、ほとんどの職業で何の問題もなく生活ができます。ただ、これから先どういう職業をめざすかわからない子供たちの将来を考えると心配になります。「生活」と「科学」は深くつながった同じ世界であるにもかかわらず、異なる言葉の意味で使われているのは不合理ですが、正しい、科学用語の意味をできるだけ「実は・・・、」と心の片隅においておくことが望ましいでしょう。

■たとえば、新聞には「ニュートリノの重さ(質量)を発見!」などという変な括弧付きの記事をよくみかけたことがあると思います。多分、それを書いている新聞記者自身も納得がいかないで書いていると思います。そんな記者の気持ちを忖度すれば―――混用政策では「ニュートリノの重さ」だが、本当は「ニュートリノの質量」という意味なのだけれど―――とでも思いながら、仕方なく「重さ(質量)」などと変な文章を書いているのではないでしょうか?
 こうした混用政策は国民を質量を理解できないと、見下した愚かな政策であると公言される日が一日も早くやってくることを願いたいものです。(2020/06/2 , Y.Mori)

TOPへ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です