By   2011年5月9日

▒ 0.はじめに

この入門編 では、アルファ線を中心に「・霧箱の作り方」、「・霧箱の原理」などを説明します。はじめて、霧箱を製作する人が、「飛跡が見えない・・・・!」など問題点にぶつかったときのために、さまざまなQ&A(質問コーナー)を用意しました。実験装置をつくり、失敗に直面してその原因を 考え、再度挑戦することは、科学の力をつける最良のチャンスです!Q&Aも参考にしながら、急がず、失敗から学ぶことに楽しみながら挑戦しましょう。

霧箱の作り方は、おおまかにはドライアイスで冷やす方法と液体窒素で冷やす方法の2つがあります。
ドライアイスで冷やす方法は、家庭実験や学校での演示実験に適しています。
他方、液体窒素は、学校での多数のクラスにわたる生徒実験、多人数のイベントに適しています。
ここではいずれの人にも役立つように、ドライアイスと液体窒素の両方を紹介します。

ホームへ

0.霧箱で見る様々な放射線

1.霧箱の作り方――ドライアイス用

2.霧箱の作り方――液体窒素用

3.霧箱の飛跡は、何故見える

4.霧箱で見るアルファ線の一生
5.アルファ線の枝毛の飛跡を見つけよう

Category:

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です